[Press Release]福島市で「チャイルドラインふくしま」がスタート 〜郡山市に次いで県内2拠点目の開設〜

(PDFでご覧になる方はこちら

報道機関各位

2013年6月20日(木)
チャイルドラインふくしま
チャイルドラインこおりやま

————————————————————————————————-
福島市で「チャイルドラインふくしま」がスタート
〜郡山に次いで県内2拠点目の開設〜
————————————————————————————————-

こどもの心の声を電話で受けとめるチャイルドライン(通話料無料:0120-99-7777)は、「なまえは言わなくてもいい」「ひみつは守る」「イヤになったら切っていい」「どんなことでも、一緒に考える」という4つの約束をこども達にしています。

3.11の震災から約半年後、県内の公立小中学校の生徒全員に県及び各市の教育委員会のご協力を受けて、チャイルドラインのフリーダイヤルが載ったカードを配ったところ、2012年度は1年間で、県内のこども達から約4,000件の電話がかかってきました。

そして、震災から約1年半が経った昨年の8月末にも再びカードを配ったところ、その後の1ヶ月で5,000件を超える電話がありました。年間では13,000件を超える電話がありました。

2012年の年間のコール数が4,000件だったのに対し、2013年は月間で5,000件を超えたことから、震災から1年半という時間を経ても、まだまだこども達の胸の中には抱えきれない想いがあることが伺えます。

この度、より多くのこども達の声に応えるため、郡山に続いて県内2拠点目となる、「チャイルドラインふくしま」を、6月27日(木)より、福島市にて開設することといたしました。

また、1拠点目となる「チャイルドラインこおりやま」でも、4月より従来の水曜日に加え火曜日も電話を受け付けられる状態になりました。今後も、順次、県内の拠点数・回線数・開設時間を増やし、より多くのこどもに応えられる相談体制を構築する予定です。

————————————————————————————————
≪6月27日(木)以降の県内チャイルドライン実施予定≫
毎週火曜日 16時〜21時・・・チャイルドラインこおりやま
毎週水曜日 16時〜21時・・・チャイルドラインこおりやま
毎週木曜日 18時〜20時・・・チャイルドラインふくしま (※6月27日よりスタート)
※県内のチャイルドラインが開設していない曜日や、県内の回線が埋まっている時には、全国75箇所ある県外のチャイルドラインに転送がかかり、相談ができる体制をとっております。
————————————————————————————————-

◆本件に関する問い合わせ先◆

チャイルドラインふくしま
福島県福島市置賜町1-29 佐平ビル8階 805号
TEL:024-563-4191、080—5224-2245(担当:久間)
FAX:024-563-4306
E-mail:taikou.kyuma@nifty.com

チャイルドラインこおりやま
福島県郡山市西ノ内1-25-2-2F
TEL:024-983-9481、070-5477-4114(担当:小笠原)
FAX:024-983-9482
E-mail:info@cl-koriyama.org
HP:http://cl-koriyama.org/

 

【参考資料1:「すべての学校にポスターを」キャンペーンについて】
チャイルドラインでは、チャイルドラインの存在をより多くの子どもたちに知ってもらうため、現在、全国的なキャンペーンを行っております。

≪キャンペーン概要≫
【内容】サッカー日本代表である本田圭佑選手を起用したチャイルドラインポスターを全国のすべての小、中、高校、フリースクール、児童館など子どもが集まる場所に掲示する。
【目的】これまでチャイルドラインの存在を知らなかった子どもたちにもチャイルドラインの番号を届ける。
【対象】全国の18歳までの子ども約1,500万人
【期間】2013年4月から2014年3月末まで
ポスターの配布は各地のチャイルドライン実施団体が担当することになっており、私たちチャイルドラインふくしま・チャイルドラインこおりやまは、福島県教育委員会・各市町村教育委員会の協力を通じ、県内の小中高校・フリースクール等のこどもが集まる場所へのポスターの配布を、4月から6月初旬にかけて行いました。

【参考資料2:福島県からの発信コールに関する年間データ】

※小数点以下は四捨五入
「着信率」・・・こどもからの電話発信(13,569件)に対して、実際に電話をとれたものとそうでないものの比率
「事柄別」・・・こどもの話す内容が主に何についてのものかの比率(参考:全国平均では、「人間関係」に関する内容が17.8%、「いじめ」に関する内容が6.8%であり、福島はこの2種に関する内容の電話が多かった)
「関係性別」・・・こどもの話す内容が主に誰との関係についてのものかの比率

【データの収集方法について】
・調査期間は、2012年4月1日〜2013年3月31日の1年間
・「発信数」および「着信率」は、NTTコミュニケーションズの提供するトラヒックツールにて、チャイルドラインの全国統一番号(0120-99-7777)宛に、福島県内から発信されたコールに関する通信データを引用した。
・「年齢構成」「男女比」「事柄別」「関係性別」は、実際に電話の受け手がこどもと話をして確認ができたものに関して、受け手が残した記録を集計した。

 

カテゴリー: お知らせ パーマリンク